雷´∀`)ノ 最終更新日: 2021-04-10 by d140

[2021.04.10 追記]記事内で使用しているプーラーに関してお問い合わせがありましたのでリンクを貼っておきます。

プレスフィットBBボトムブラケット リムーバー&インストレーション bb86 bb90 BB30 BB386 PF30BB

プレスフィットBBボトムブラケット リムーバー&インストレーション bb86 bb90 BB30 BB386 PF30BB

マニュアルが動画リンクのQRコードのみという仕様でした。個人的にはどの仕様のBBにはこの組み合わせという紙ベースの資料が欲しかったのですが、どうやらこの製品は親切心で動画リンクにしたようです。

これと似た構成の製品であれば、なんでも良いと思います。変な中国語やロゴが入っているか入ってないかの違いで出どころは同じでしょう。

以上、話が逸れましたm(_ _)m

アルミニウムBBカップからベアリングを圧出

前回までは、グラグラしていたBBカップ側のベアリングを確認した。汚れが酷く反対側もメンテナンスする必要があり両方のベアリングを外していく。

ノンドライブ側。ほんと、こんなにスルッとベアリングが出てくるものなのかというくら秒で作業は完了してしまう。
抵抗がなさすぎて、途中で外して見ちゃう感じ。それくらいスルッと抜ける。

外れている方のベアリングも取り外そう

滑稽な感じだけど、すでに外して磨いちゃってるほうのも外す。下側にアーレンキーはめて回すだけ。
そしてコロンという音とともに外れた。

清掃工程での課題、シールドベアリングのシールはがし・・・

昔、不要になったベアリングを雑に剥がしたときにシールが折れてしまったコトがあって「デリケート」さを感じた。さらにネット情報やチャリ屋の情報などの脅し文句などもあってビビってします事案であった「シールドベアリング」のシールはがし。

どうしても欲しい「しーるめくりんちょ」が売ってない

つ「シールめくりんちょ」と呼ばれる、シールドベアリングのシールドを剥がす雷´∀`)ノ  キャストオフ!ツールがあるらしい、手作り故個体差が激しいらしい。しかし、もう作ってないのか売ってない。しかたなく、100均の精密ドライバーセットのマイナスをグラインダーで削って自作ツールを作ってみた。

シールドベアリングに対するネット情報は、セラミックの玉が傷つくとかシールは一度剥がすと使えないとか煽り買い替えを勧める内容が多い。

100均の精密ドライバーセットのマイナスで代用

リューターでうすーく伸ばして行ったら、サラッとシールを剥がすことに成功

清掃開始

情報では「セラミックボールに当たると致命的」だの「シールに傷つく」だの散々脅し文句に煽られたけど慎重にやれば届かないと感じた。
汚ねぇ!シールドじゃないのか、シールドされてたんじゃないのか?というくらい油や砂埃なのかセラミックが欠けたのかなカスが大量に・・・
3年くらいほったらかしだったボトムブラケットのベアリング。
パークリ流し込むと油出すに混じったチリや砂みたいなものが大量
に出てきた。過去に  あのグリス  を塗ったこともあったけど剥がしてしまった。
今思えばあの硬いやつでもう少しベアリング守れたかもしれない。
シールを含めてWAKOSのチェーンクリーナーで処理
WAKOSメンテの黄金コンビ、マルチクリーナーで仕上げていく
スクラビングバブルに比べて水っぽくないのが良い。ちゃんと油吸ってから水に化けるのがとても良い。

つづく・・・